まや・39歳

パートナーの浮気に気が付いたのは、女性といるところを偶然にも子供が見たということからでした。まだ未成年の子供なので、具体的な事は分らないと言っていましたが、感受性豊かな高校生の子供がパパは浮気をしていると思うよと言いました。その事がきっかけとなりました。

夫が女性と歩いているところを我が子に見られるという失態をした夫の事を、すぐに攻めるか、じっくりと証拠を掴んでから攻めるかと悩みました。

何事も熱くなり勢いでいくと負けるという教えを両親からされていたので、ここはじっくりいくことを決めたと言うのか、考えました。

すると、次第に今までの夫の生活や言動でかなり女性の影を臭わせることがあった事が分ってきました。

結婚生活が長くなりつつあると、夫婦間は特に興味を持たなくなる事がよく分かった様な気がします。

あの時に、子供が夫が女性といるところを見ていなかったら、私は夫の浮気を知る事は一切なかったと感じます。

そして今一度、どんな風に夫に浮気をしている事が分っているかを知らせようかと悩み日々は続きました。

生活の中で一番気をつけた事は子供が夫に持つ不信感の解消です。

あれは仕事関係の人で浮気ではないと言うべきか、それともパパは浮気をしているとはっきりと知らせるかをじっくり考えました。

夫の浮気の決定的な証拠を押さえる為に、連日深夜まで起きていて夫が先に寝る時を待ちました。

特に夫は普段の睡眠時間が短いので、当然私より先に寝る事はないので、とにかくチャンスを待ちました。

しかし携帯電話を枕元に置くので、作戦を変えてお風呂に入っている時に携帯電話をチェックしました。

やはりという感じで、暗証番号でロックをかけていましたが、銀行やその他の暗証番号が同じなので、携帯電話もすぐにロック解除できました。

過去のメールやライン通話をこまめに消していると分りましたが、ミラクルが置きました。

夫がお風呂に入ってる約20分の間に、なんと女性からラインが来たのです。何度も来たので、すぐに私のスホマから撮影をして証拠を押さえました。

そして子供がパパと女性を見た日から約半月後の、子供が友人宅へ泊りに行った日に夫の切り出しました。

すぐに、夫は浮気を認めましたが、私と同様、子供へどんな言い訳をしたら良いかと私に聞いてきました。

そこからは夫の浮気はある意味どうでも良くて、子供に対する言い訳を全力で考えました。そしてその結果、子供にはあれは全然関係のない女性だったと、かなり苦しい言い訳の作り話を2人で考えました。

子供の為にまだまだ2人仲良く生活をする事が優先だと思ったので、浮気の事はしばし横に置いて、現在は子供が成人を迎えられるまでは最低限親らしくしようと2人で強力をする日々となりました。

浮気の事は忘れました。